セラミック系塗料・触媒の製造・販売なら日研株式会社へ

  • トップ
  • 製品案内
  • 実績
  • 会社概要
  • お問い合わせ
水系コーティング剤
S-1000/S-1500
不燃、耐候性で耐水等に優れまた親水性、通気性で耐自然汚染性・耐凍結融解性に優れた高硬度の化粧膜

コンクリートや窯業材面に水性セラミックコート剤「S-1000・1500」をコートして常温または低温加熱により硬化させ養生すると不燃、耐候性で耐水等に優れまた親水性、通気性で耐自然汚染性(雨だれなど)耐凍結融解性に優れた高硬度の化粧膜が得られます。

性状
製品名 S-1000 S-1500
外観 水性カラー2液
A剤:各種カラー液(90wt%)
B剤:白色ペースト(10wt%)
水性カラー2液
A剤:各種カラー液(90wt%)
B剤:白色ペースト(10wt%)
主成分 SiO2、TiO2
Al2O3、MgO、アクリル
SiO2、TiO2
MgO、アクリル
加熱残分(%) 70 65
pH 11.5 11.5
粘度(mPa・s) 500 400
比重 1.8 1.8
希釈剤 PA-2 PA-2

(数値は全て代表値)

※希釈が必要な場合は5%以内で使用する。

施工方法
目的 コンクリート、モルタル、窯業材面の化粧
 (不燃、超耐候、耐汚染性 艶無化粧膜)
下塗 下塗剤PAM-1を攪拌した後、スプレー、ロール、刷毛等により100〜150g/u塗布して常温下1〜3時間乾燥する。
上塗剤の調整 A液とB液をそれぞれ軽く攪拌した後9:1(重量%)の割合で混合し、攪拌機で5分前後攪拌して均一な分散液にする。
上塗 調整したS-1500をスプレ-、ロール、刷毛などにより150〜250g/u塗布する。
硬化 塗装終了後、常温下3〜6時間乾燥すると指触硬化する。
硬化反応はその後、約3週間進行して 最終硬度になる。
注意事項

A剤は無機顔料分をシリカ系バインダーで分散させた主剤です。

B剤は硬化剤を含む白味の分散液です。吸湿して固化しますので、使用後は密栓して保存してください。

A剤・B剤ともに固形分が沈降し易いので使用前には充分に撹拌・混合してから必要量を取り出してください。

また、水溶液ですので火災の心配はありませんが、アルカリ性ですので直接手や肌に触れないようにして取り扱ってください。

PAGETOP