開発型セラミック塗料メーカー

日研株式会社
  1. >
  2. >
  3. クリンカ105

クリンカ105

ゼオライトと銀イオンを併用し土壌本来の力を
有効活用し低農薬で作物を大きく育てます。

施工方法

『クリンカ105』を田んぼ、畑に1㎡当たり100~500g/㎡撒いて下さい。

性状

成分 ゼオライト、銀
有効期限 1年間

抗菌力テスト

100mlの水に本品5g(5wt%)投入。それに菌液1mlをを接種後、30℃で静置。24時間後、1ml中の生菌数を測定したもの。

試験菌 100mlに添加菌数 30℃24時間後1ml中の菌数
緑膿菌(ヒュードモナス菌)
花弁や茎、土中に存在
2.2×105 1以下(本品使用)
2.6×104(本品使用せず)

ゼオライトの養分供給メカニズム

  1. 養分の吸着 01 ゼオライトが土壌に含まれる養分をイオン交換により吸着します。
  2. 硝化菌 02 吸着した養分を少しずつ土中に溶出し微生物の働きにより硝酸態窒素を生成します。
  3. 良質な作物 03 養分を多く含んだ健全な土壌で良質な作物が育ちます。

キュウリ 各区の生育

キュウリ 各区の生育

試験結果

クリンカ105溶出試験結果

分析試験項目 基準 浸漬水
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L 以下 1.3mg/L
塩素イオン 200mg/L 以下 10mg/L
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 10mg/L 以下 2.1mg/L
一般細菌 100/ml 以下 30/ml 以下
1.0mg/L 以下 0.01mg/L 以下
マンガン 0.3mg/L 以下 0.01mg/L 以下
0.1mg/L 以下 0.01mg/L 以下
六価クロム 0.05mg/L 以下 0.02mg/L 以下
カドミウム 0.01mg/L 以下 0.005mg/L 以下
ヒ素 0.05mg/L 以下 0.005mg/L 以下
カルシウム・マグネシウム等 300mg/L 以下 55mg/L
pH値 5.8~8.6 7.1
- 0.02mg/L

日本食品分析センター調べ