開発型セラミック塗料メーカー

日研株式会社
  1. >
  2. >
  3. Gシリーズ, WCシリーズ

Gシリーズ, WCシリーズ

木材の肌触りや風合いを損なわず
耐久性、耐水性、耐薬品性を付与します。

木材用セラミック塗料Gシリーズ及びWCシリーズはセラミック成分が木材内部に浸透し硬化する事で従来のワックスやオイルと比べて耐候性や撥水性能が向上し効果が長持ちします。また表面に膜を作らない為、、木材の持つ香りや質感を損ないません。サウナや風呂などの高温多湿の環境で、日々塩素殺菌を行われる過酷な状況でも長く木材を使用する事ができます。これまでに全国のスポーツ施設や高級旅館、ホテル等で採用されました。

用途・特徴

耐久撥水耐薬品透明カラーバリエーション防腐抗菌無溶剤

施工方法

  1. 01

    表面処理

    木材表面が撥水性でない事を確認します。
    撥水性の場合はサンドペーパーなどで表面を研磨して下さい。

  2. 02

    塗布

    スプレー吹き付けまたは刷毛等で塗ります。
    塗布後ウエス等で余分な液は拭き取ります。

  3. 03

    乾燥

    ドライヤーでの強制乾燥または常温で6時間以上乾燥させます。

性状

製品名 G1-92 WC-3
外観 乳白色 透明
主成分 SiO2、Al2O3 SiO2
加熱残分(%) 16.5 30
pH 4 3
粘度(mPa・s) 30 10
比重 0.85 0.9
希釈剤 IPA IPA

セラミック塗料と有機塗料(ニス)との違い

セラミック塗料

  • 木材に含浸するため、木目を活かせる。
  • 表面に膜を作らないのでワレ、ハガレなし
  • セラミック成分が木材内部で結合し、木材の耐久性・耐水性・耐薬品性が向上

有機塗料(ニス)

  • アクリル等の合成樹脂が表面に膜を作る
  • 表面に膜があるのでワレ・ハガレ易い
  • 有機成分は熱や紫外線などで分解する為、定期的に塗り替えが必要